「しまつのこころ条例」

京都のゴミを減らすために「しまつのこころ条例」が10月より施行されている事を京都にお住まいの皆様はご存知でしょうか?

現在のゴミの量を半分にすることが目標です。市民・事業者・京都市で取り組むことを掲げています。

食べ物も残してしまえば、ゴミになってしまいますので、飲食店様も食べ残しゼロを目指して「食べ残しゼロ推進店舗」に加盟されているところも多いようです。食べ物繋がりですが、使用済みのてんぷら油の回収にも力を入れています。回収された油は、市バスやゴミ収集車を走らせる燃料に変わります。

私も京都市民として、ゴミ削減に取り組んで行きます。

話は変わりますが、日本の街は、海外と比べるとゴミ箱を設置している所が少ないようで、食べなら歩く習慣のある海外の方は、食べ物についている紙や袋、飲み物の空き缶など捨てる所がなくて戸惑うようです。

ゴミ箱を設置するとポイ捨てが減り道に落ちているゴミは減るとは思いますが、たくさんのゴミ箱を管理しないといけないので、そこにまた税金が投入されるというのも困ります。

オリンピック開催に向けてゴミの事も考えていかないといけませんね。

illust3300


 

◆◆京都・空家・管理◆◆

野口地所

〒603-8077 京都市北区上賀茂藤ノ木町25

お気軽にお電話ください

電話:075-791-6499

関連記事

民泊、皆さんはどう思いますか?

世界でもトップクラスの観光地である「京都」。 現在、京都に限らず首都圏では、外国人観光客の急増により宿泊施設が不足している状況です。 「空き家」や「空き部屋」をお持ちのオーナー様であれば、賃貸に出しても借り手がなかなか見 […]

詳細を見る