京都、神戸、大阪、奈良、宿泊施設の増減予想!

宿泊施設増減の予想!

近畿の観光都市、4ヵ所。京都、神戸、大阪、奈良。

この4都市について、2030年の需要予測が発表されました。

予測の結果は、京都、神戸、大阪に関しては、不足が予想され

奈良に関しては、宿泊施設が少し余る傾向にあるとの事でした。

 

210103

 

京都の場合は、外国人観光客が今後も増加傾向にあるようですが、

国内観光客は、減少していくようです。

また、京都は、外国人観光客の満足度、また京都に来たいか?

という質問に対しても高評価を得ていますので、

外国人観光客が増加傾向にあるという結果も頷けます。

 

安倍首相が外国人観光客を増やす事に力を入れているのに対し

宿泊施設が不足しているのでは、観光客を取り逃がす結果になってしいますね。

 

分譲マンションの建築は、良く見かけますが、ホテルや宿泊施設の建築は、

あまり見かけないのが現状です。

将来的に、人口が減少していき、現状では空家も増えている中、

住居の建設よりも宿泊施設の建設や宿泊に関する法整備が

急務なのではと思います。

 

我々、京都に根付いた野口地所では、京都の街に貢献出来るように

身近な所から頑張っております。

京都で、不動産に関してのお悩みやご相談は、是非お気軽にご連絡下さい。

◆◆京都・空家・管理◆◆

野口地所

〒603-8077 京都市北区上賀茂藤ノ木町25

お気軽にお電話ください

電話:075-791-6499

 

 

 

 

 

関連記事

空家にしてしまった失敗例集!

その1)地方から京都に出て来られたAさんの場合 地方から就職で京都に来られたAさん。京都で単身生活をしていましたが、ご両親が他界。 実家に帰る事は考えていなかったので、処分しようと決めました。 しかし、なかなか手続きをせ […]

詳細を見る

空き家を「資産」へ!

こちら、京都も暖かいというよりも暑い日々が続く毎日です。 この前、「空家のオーナーになってしまったら」というテーマでいくつかの選択肢をご紹介しましたが、 その選択肢の中でも「売却」・「賃貸で貸出す」・「民泊として貸し出す […]

詳細を見る