京都市の民泊問題!

日本でも有数の観光地である京都。

外国人観光客は、年間で500万人を大きく超えると言われています。

実際に休日に嵐山など訪れると歩いている人の8割くらいは、外国人で占めています。

京都では、昨年の10月くらいから市内のマンションや家屋を使った

「民泊」が増え始め騒音やゴミの問題が取り上げられています。

 

宿泊できる設備を設置して、繰り返し宿泊料金を受け取るという場合は、

旅館業法の営業許可が必要になりますが、個人が空き部屋を一時的に貸すのであれば、

営業とは言えないので、許可が必要ありません。

また、月の内、何日貸したら営業と見なされるかの基準もありません。

その点で「民泊」がグレーゾーンと言われています。

 

騒音などで近隣住民が迷惑をしているというのは理解できますが

タクシーの運転手さんにも問題が起こっているようです。

ある例として、外国人観光客を乗せて、民泊施設に向かった際に最終目的地が

分からず運営者に連絡をとったところ、つながったところは東京で、

運営者は投資だけで、実際に現地は一度も見ておらず、場所は分からないとの返事。

同じような建物が建っている所で、目的地に着くまでかなり時間がかかってしまったとの事です。

484757

ただ、京都市内で「民泊」をするのは必然的かもしれません。

京都市内のホテルは、ほとんど満室状態。

それでも訪れる観光客は増え続ける一方という京都であれば、

使っていない家やマンションを持っていれば、「民泊」をしようと

思うのも無理ありません。

 

どうしようかお悩みの方は、是非、野口地所にご相談下さい。

ご一緒に悩みを解決していきましょう。

◆◆京都・空家・管理◆◆

野口地所

〒603-8077 京都市北区上賀茂藤ノ木町25

お気軽にお電話ください

電話:075-791-6499

関連記事

空家にしてしまった失敗例集!

その1)地方から京都に出て来られたAさんの場合 地方から就職で京都に来られたAさん。京都で単身生活をしていましたが、ご両親が他界。 実家に帰る事は考えていなかったので、処分しようと決めました。 しかし、なかなか手続きをせ […]

詳細を見る

「しまつのこころ条例」

京都のゴミを減らすために「しまつのこころ条例」が10月より施行されている事を京都にお住まいの皆様はご存知でしょうか? 現在のゴミの量を半分にすることが目標です。市民・事業者・京都市で取り組むことを掲げています。 食べ物も […]

詳細を見る