「舟屋」にも空家が…

京都の伊根町を皆さんご存知ですか?

伊根湾に面し、1階に船や漁をする時の道具を収めるガレージ、2階に住居という建物が並んでおり、国の重要伝統的建造物群保存地域にも指定されている美しい街並みのところです。

ここでは、その美しい街並みを見ようと観光客は増加していますが、人口は町の高齢化が進み「舟屋」にも空家が目立つようになってしまっていした。

この古くから伝わる伝統の建造物「舟屋」を今後も     320117

残していく為に新しい取り組みの一環として

リノベーションをして1階を店舗、2階に宿泊施設として

短期の賃貸物件として貸し出しています。

今まで観光客が来ても買い物や飲食きる

施設が少なかった課題を1階を店舗にする事によって解消し、

観光客が来た際にカフェや土産物屋を利用して頂けるようにしています。

また店舗をつくることにより新しい雇用の場もつくられます。

2階の宿泊施設は、伊根湾を一望できる露天風呂がつくられており、隠れ家や別荘というイメージです。

空家になっても色々なアイデアで利用できるよになります。

リノベーションにかける費用がないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の費用は約800~900万円でクラウドファンディングを利用して出資者を募ったとの事です。アイデアも良かった事もありすぐにリノベーション費用は集まったとの事です。

なかなか一人では出ないアイデアかもしれませんが、空家をお持ちのオーナー様は、不動産のプロ、野口地所にご相談下さい。


◆◆京都・空家・管理◆◆

野口地所

〒603-8077 京都市北区上賀茂藤ノ木町25

お気軽にお電話ください

電話:075-791-6499

 

 

 

関連記事

京都と大阪。「民泊」の温度差。

自分が持っている不動産の空き部屋に旅行客などを宿泊させる いわゆる「民泊」。 今まで、最低でも6泊7日以上が条件でしたが、この程、その条件を 2泊3日に緩和すると決りました。   この発表に対して大阪は、大歓迎 […]

詳細を見る

京都も暑さが増してもうスグ夏本番です!

日に日に暑さが増して、ここ京都も日中、外出する際は半袖でないと参ってしまいます。 今日は、一般的によく使われている不動産用語ではなく、分譲マンションのチラシや 情報誌に載っているコレってどういう意味だろうというような 不 […]

詳細を見る

観光国京都。今後の課題!

京都へ訪れる観光客の数は増える一方です。 特に外国人観光客の増加は著しく、東日本大震災のあった 平成23年と昨年平成27年を比べると約5倍の増加になります。   観光客が多いのは地域経済にとっても非常に喜ばしい […]

詳細を見る