空き家の売却の売却


京都の空き家を売却する場合、以下の手順を一般的に考えることができます。

  1. 不動産会社の選定: 地元の不動産会社や専門の不動産仲介業者を探し、信頼性や実績、手数料などを比較して適切な不動産会社を選びます。
  2. 不動産査定: 選んだ不動産会社に依頼して、空き家の査定を受けます。査定では、土地の広さ、建物の状態、周辺の環境などが考慮されます。
  3. 売却価格の設定: 査定結果を基に、売却価格を設定します。市場価格や需要と供給のバランスなどを考慮し、適切な価格を設定することが重要です。
  4. 売却契約: 不動産会社と売主(所有者)との間で売却契約を締結します。契約内容には、売買価格、引渡し時期、負担費用の分担などが含まれます。
  5. 書類の準備: 売却に必要な書類を整えます。これには、土地や建物の登記簿謄本、固定資産税の証明書、建物の設計図面などが含まれます。
  6. 買主の選定と交渉: 不動産会社が買主を見つけてきた場合、売主と買主の間で価格や条件などの交渉を行います。売主が自ら買主を見つける場合は、交渉や価格調整を直接行うことになります。
  7. 引渡し手続きと決済: 売却の引渡し日が設定され、売主と買主が現地で立ち会って引渡し手続きを行います。同時に、売買代金の決済が行われます。

上記の手順は一般的な流れですが、具体的な手続きや条件は個別の状況によって異なる場合があります。不動産会社の専門知識やアドバイスを活用しながら、スムーズな売却手続きを進めることをおすすめします。

関連記事

京都の空家税について


京都市では、空き家の所有者に対して「空家等の固定資産税及び都市計画税の減免に関する特例」に基づく特別枠が設けられています。