京都市の「空家問題」の方向性!

以前にもふれましたが、京都市は、「空家問題」の対策として、

撤去するより活用する方向で、考えています。

古き良きものを継承していく「京都らしい」考えかもしれません。

 

676199

 

他の市町村などでは、撤去する際の費用の助成金が出たりしますが、

京都市の場合は、空き家を補修、流通させる場合にかかる費用を

補助する制度があります。

 

更に空家を活用、流通させる方法を募集して、優秀な案には、

最大、500万円のお金が助成される制度もあります。

 

また、京都では、街の不動産屋に「空き家の相談員」として

登録してもらっています。

 

登録している不動産屋に訪れると、ご希望を伺い、

立地や間取り、ローンの残高など色々な面を考慮して、

「改装して賃貸に出した方が良い」、「更地にして売却したほうが良い」

など無料で、相談にのってくれ的確なアドバイスをもらえます。

 

146051

 

観光客で賑わう街「京都」。

でも賑やかな通りを少し離れると空き家で困っている一角がある。

そう考えると少し悲しい気持ちになってしまいますね。

 

我々、野口地所も相談員に登録しておりますので、

京都で空家をお持ちのオーナー様は、お気軽にご相談下さい。

135339

◆◆京都・空家・管理◆◆

野口地所

〒603-8077 京都市北区上賀茂藤ノ木町25

お気軽にお電話ください

電話:075-791-6499

関連記事

京都と大阪。「民泊」の温度差。

自分が持っている不動産の空き部屋に旅行客などを宿泊させる いわゆる「民泊」。 今まで、最低でも6泊7日以上が条件でしたが、この程、その条件を 2泊3日に緩和すると決りました。   この発表に対して大阪は、大歓迎 […]

詳細を見る