空き家は年々増加しています。

総務省の調査で、住宅に占める空家率は年々増加していると発表されています。そのような空家の増加に伴い空き家の近隣住民からは、「地震がおこれば」「放火されたら」など不安の声が上がっています。

現在のところ全国で400以上の自治体が空き家対策の条例を制定しています。