全国で増えている空家

全国的に、誰も住んでいない「空家」が増加傾向にあることが問題になっています。個人住宅でも約270万戸あるそうで、今後も空家が増加する傾向は続くと見られています。